2006年02月26日

蛍光灯

近所の電気屋が閉店するというので出物を探しに行っている。
今日は電球類が半額というので蛍光灯を買った。
蛍光灯を多用しているのだ。全部交換すると事務所で使っているような長い蛍光灯が10本にもなる。一本1000円位なので結構な金額になる。
蛍光灯を交換するときには、点灯管も一緒に交換した方が良いだろうと見てみると”電子式点灯管”というのが目に入る。普段だったら高くて買えないが、今日は半額である。半額でもまだ通常のものの2倍以上の価格ではある。

家に帰ってきて、早速交換してみる。

参った。これはいい。パッケージに0.6秒で点灯と書いてあったが、まさにその通りである。蛍光灯という言葉が遅いという形容詞に使われていたのをもう過去の用語にして封印しないといけない。まあ、もっと高級なインバーター式はもっと早いのであるが、器具を買った当時は価格差が大きくとてもじゃないが買う気になれなかったのだ。しかし、これで気分はインバーターである。
posted by kagawa at 21:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。