2006年08月04日

化学ロケットの性能計算ソフト

 7月の上旬に米サクラメントで開かれた推進系の学会に参加しました。
 その中で、ちょっと気になる論文があり、使われていたソフトについて調べてみました。

 有償700ドルというHPもあったのですが、本家NASAにそのソフトはありました。
The NASA Computer program CEA (Chemical Equilibrium with Applications)
http://www.grc.nasa.gov/WWW/CEAWeb/ceaHome.htm
 登録が必要ですが、すぐにダウンロード出来るようです。

レジストレーションが嫌なら、こっちに落ちているみたい。
http://users.rowan.edu/~marchese/rockets05/cea.html


NASAのサイトでは、入力ファイルをGUI上で行うフロントエンドプログラムが
ありました。しかし、JAVAで動いているという厄介者です。
 JAVAもNASAのサイトに登録されていますが、SunのHPにある最新版のJAVA
 でも動きました。

 GUIのフロントエンドプログラムは、ダウンロードしたファイルを一つの
 ディレクトリにまとめて
 CEAexec-win.bat
 を実行します。
 するとこんなページが立ち上がります。
 CEA001.jpg
 このページでは、何の計算をするのか選択します。
 Select ONE Problem Type
 から
 Rocket- rkt
 を選ぶと燃焼圧と膨張比を入力するページとなります。CEA002.jpg
 Pressure Unitは、単位を入れて
 Initial Presは、燃焼圧を入れます。
 膨張比は、右下のSup Ae/Atに入れるようです。
 良ければ、Saveを押して、主入力ページに戻ります。 
 混合比は
 Oxid-to-fuel weight rations -o/f
 を選んで、右側のValuesの欄に入れます。
 次は、推薬を指定します。
 タブのReactantタブを押して切り換えます。CEA003.jpg
 単位をTemperature Unitから選んで指定します。
 その下のReactants Found in the Thermodynamic Libraryでは最初にIdent欄で、プルダウンから、燃料(fuel)か酸化剤(oxid)を選択します。
 次にNameをクリックするといろいろな物質の選択をすることができます。
 Amountは選んだ物質の濃度を記入します。
 最後にTempから温度を入れます。
 
  最後にOutputでSelected Plot List:に欲しい数値を指定してあればあとでEXCELでデータ整理がやりやすい。CEA004.jpg
 
 実際に計算させるには、Chemical Equilibrium with ApplicationsのFileメインニューからsaveを選択して保存します。
 次に、メインメニューからActivity
 View Current INPUT Fileで設定ファイルを確認します。
 各設定欄で確実にカーソルを動かしておかないと認識されていない場合があります。
 いよいよ実効です。ActivityメニューからExecute CEA2を選択します。
posted by kagawa at 23:08| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは.CEAは私もISTSで教えてもらってちょこちょこ使い始めました.
Posted by First_Noel at 2006年08月24日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21935625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。